KYCコラム
コンプライアンス経営のための費用は投資か、それともコストか?

コンプライアンス経営体制の強化には、事前に様々な施策を整備する必要があります。企業に合わせた適切な施策を、適正な費用を投資し、正しい運用をすることにより将来起こる可能性のあるリスクを最小化することができます。

続きを読む
KYCコラム
反社チェックのシステム化/自動化とその注意点

本人確認技術の進歩により、反社チェックの自動化、システム化を導入する企業のニーズが増えています。反社チェックを自動化、システム化することで発生するリスクや注意点を把握して反社チェックを効率的に行うことができます。

続きを読む
KYCコラム
SNS炎上・ネット炎上などソーシャルリスク対応からの学び

SNSやネット炎上により、企業はイメージや商品売上の低下を引き起こすリスクがあります。他社の炎上発生事例から十分なソーシャルリスクマネジメント対策をとることで更なる炎上を引き起こす二次被害のリスクを回避できます。

続きを読む
KYCコラム
反社チェック取引判定基準設定と運用体制の整備 ②

反社チェック時に同姓同名、同じ企業の名前などが該当してしまった場合、その同一性を確認するのは非常に手間と労力がかかり、取引判断が非常に難しくなります。同一性の確認が難しい場合やできない場合には社内の取引判断基準や運用体制が重要です。

続きを読む
KYCコラム
WEB調査における風評チェック時の4つの豆知識

インターネット上で風評チェックを行う際、いつも利用する検索方法や検索サイトで検索すると、同じ内容の検索結果しか出てこない場合があります。今回は、深掘りした調査を行う際におすすめの4つの豆知識をお伝えします。

続きを読む
KYCコラム
コンプライアンスが会社を潰す?コンプライアンス経営の重要性

コンプライアンス経営とは、法令を順守し、不祥事など法令違反を発生させないため企業経営のことです。近年コンプライアンスを積極的に経営に取り入れ、その姿勢を社内外のステークホルダーに示すことが企業にとって必須です。

続きを読む
KYCコラム
WEB調査における風評チェックの一般的手法と対応例

企業のリスクマネジメントにおいて、インターネットによる風評情報のチェックは重要であり、その風評情報が真実かどうか判断するのは非常に難しいです。そこで風評チェックを自動化することで、人的作業による時間と労力の大幅削減できます。

続きを読む
KYCコラム
反社チェック取引判定基準設定との運用体制の整備 ①

反社チェック時に取引先に関する暴力団などの反社会勢力と疑われる情報を発見した際に、自社の反社チェックポイントと取引判断基準の設定をすることが重要です。リスクを排除するために第三者による取引判断基準の見直しや運用体制の整備を行いましょう。

続きを読む