プライバシーポリシーの改定と個人情報保護委員会へオプトアウトによる第三者提供の届出受理のご報告

当社は、コンプライアンスを重視しつつ、法人等顧客に対してより有益な情報を提供するため、2017年5月30日に施行された改正個人情報保護法第23条第2項に基づくオプトアウト手続を行っていること等の届出を個人情報保護委員会に提出しましたが、この度同委員会によって受理、公表されましたので、ご報告申し上げます。

これにより当社は健全経営を希求する多くの事業者の皆様から寄せられる「幅広く有益な情報」を得たい、というご要望に応えることがより可能となりました。

当社はこれからもレグ・テック企業として、我が国に健全な経済活動を実現するためにKYCの社会インフラ化に貢献いたします。

・オプトアウト届出書一覧

https://www.ppc.go.jp/personalinfo/preparation/optout/publication_list/

・届出書の届出日 2020年3月31日

・届出番号 2020-000358

・当社プライバシーポリシー

https://www.kycc.co.jp/press/privacy-policy/

Acuris Risk Intelligenceと海外リスク情報の提供で提携

当社はこの度、UKに本拠を置きグローバルに展開するAML対策、リスク情報提供企業である、Acuris Risk Intelligence(以下、ARI社)とのアライアンス契約を締結しました。
今後当社のデータベースであるRisk Analyzeシステムに、ARI社の保有する海外のリスク情報を統合して運用することといたしましたのでお知らせします。

今回の提携により、従来から当社が日本国内のユーザーに提供している国内の反社情報、マネーロンダリング対策情報に加えて、PEPs、CFT、Sanctionなどの海外KYC・AML情報をトータルに提供するサービスを新たに開始することが可能となり、実効性・コストのバランスを有した国内・海外情報をワンストップで提供できる企業としては、国内随一となります。

今後KYCCが提供する海外情報は、FATF(マネーロンダリングに関する金融活動作業部会)のガイドラインに準拠し、500万件超の高リスク個人情報および企業のプロファイルと、140万件のPEPs、240ヵ国以上の対象地域を網羅することが可能になりました。

なお、本サービスの開始時期は本年8月を予定しております。

 

【ACURIS RISK INTELLIGENCE – ACURIS GROUP】
本社所在地:ロンドン
APAC・HQ:Mergermarket Consulting(Singapore)Pte Ltd
創業:2004年
URL:https://www.acuris.com
会社概要:ION Investment Groupの傘下の総合金融サービス業。
特に企業向け調査・分析やコンプライアンス(KYC、AML)関係の情報提供についてはグローバルリーダーである。

 

 

 

西武しんきんキャピタルを引受先とする第三者割当増資による資金調達の実施のお知らせ

2020年4月30日、レグテック・リスクマネジメント企業である当社は、さらなるKYCの社会インフラ化を目指し、西武しんきんキャピタル株式会社(以下「西武しんきんキャピタル」)を引受先とする第三者割当増資を実施しましたので、お知らせします。

 

既に公表しました通り、当社は2020年3月31日にマネックスベンチャーズ株式会社(以下、「マネックスベンチャーズ」)およびAngel Bridge株式会社(以下、「Angel Bridge」)を引受先とする第三者割当増資による資金調達を実施しておりますが、本ラウンドの追加投資として西武しんきんキャピタルを引受先とする資金調達を行いました。

西武しんきんキャピタルによる資本参加により、同社の持つ地域ネットワークを活用し、新規顧客の獲得や商圏の拡大に努めるとともに、今まで十分なKYCが出来なかった中小規模事業者の経営支援へ寄与できることが期待されます。

マネックスベンチャーズ、Angel Bridge、西武しんきんキャピタルによる第三者割当増資により、当社はKYCのシステム対応をマストとするFintech事業者はもちろんのこと、業務改善にコストとスピードの両立を企図する既存金融事業者、厳格なKYCが求められるIPO準備企業、コストを重視しつつも厳格なKYCを通常の業務フローに取り入れ健全性を担保したい一般事業者などの多彩なニーズに貢献します。

 

この度の資金調達により、当社はサービス品質の向上と先進的な事業展開を一層加速し、SaaSモデルによるKYCの社会インフラ化にさらに邁進し、レグテック・リスクマネジメント企業としての使命の完遂に努めます。

 

西武しんきんキャピタル株式会社
東京都渋谷区恵比寿西1‐20‐2
代表取締役 四谷 康治
http://www.seibucapital.co.jp/

KYCコンサルティング株式会社
東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル1階
代表取締役 飛内 尚正
https://www.kycc.co.jp/
企業向けリスクデータベースの提供、KYC/AMLに関するコンサルティングをワンストップで提供するKYCに特化したレグテック・リスクマネジメント企業。
高度なシステム化により収集され、情報に精通した経験豊富なスタッフにより厳選された国内外のリスク情報を、SaaSモデルにより使いやすいシステムと低廉な価格で提供する。
KYCに付随するコンサルティングや実務対応も一連の流れで提供している。
Fintech企業、既存金融機関のみならず、一般の事業会社におけるコンプライアンス上のKYCのほか、IPO準備の支援やデューデリジェンスも行っている。

 

※本プレスリリースに掲載されている内容、仕様、サービス、お問い合わせ先、その他の情報等は発表時点の情報となります。その後予告なく変更となる場合がございますので、ご了承ください。

 

【お問い合わせ先】
KYCコンサルティング株式会社
info@kycc.co.jp

 

マネックスベンチャーズおよびAngel Bridgeを引受先とする第三者割当増資による資金調達の実施のお知らせ

2020年3月31日、当社は、マネックスベンチャーズ株式会社(以下、「マネックスベンチャーズ」)およびAngel Bridge株式会社(以下、「Angel Bridge」)を引受先とする第三者割当増資による資金調達を実施したことをお知らせします。

 

昨年7月24日のニュースリリースにて公表しましたAngel Bridgeとの資本業務提携により、KYC(顧客本人確認における有効な属性チェック)業務や顧客デューデリジェンスの簡素化と迅速化を実現するプラットフォームである「Risk Analyze」システムを整備・拡充することができました。

同時に当社ビジネスモデルの基本であるKYCのSaaSモデルの構築にも大きく前進し、飛躍的な顧客数の増加を実現することができました。

 

今回、マネックスベンチャーズがGPとして管理運営するMV1号投資事業有限責任組合およびAngel Bridgeによる第三者割当増資により、両社の事業支援、戦略構築支援、企業ネットワーク活用を得て、当社のサービスのさらなる拡充を図ります。

具体的にはシステムの高度化、データベースの拡充、顧客の利便性の向上に取り組みます。

そして、KYCシステム対応をマストとするFintech事業者はもちろん、BPOを企図する既存金融事業者、厳格な審査が求められるIPO予定企業、KYCを通常の業務フローに取り入れ健全性を求める一般事業者などの多彩なニーズにお応えします。

当社はサービスの品質向上と先進的な事業展開を加速し、レグテック・リスクマネジメント企業として、SaaSモデルによるKYCの社会インフラ化にさらに貢献します。

 

MV1号投資事業有限責任組合

無限責任組合員 マネックスベンチャーズ株式会社

住所 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル25階

代表取締役 和田 誠一郎

URL http://www.monexventures.com/

事業内容 ベンチャーキャピタル事業

先進的なアイデアやテクノロジーで人々のライフスタイルを

変革するような事業やサービスを提供する、シード/アーリーステージのスタートアップへの投資を得意としている。

 

Angel Bridge株式会社

住所 東京都千代田区紀尾井町3-32 紀尾井町ヒルズ西館1階

代表取締役 河西 佑太郎
URL https://www.angelbridge.jp/

事業内容 投資業

日本最大規模のエンジェル投資家グループを擁し、良質かつ豊富な資金を優れた企業に提供、投資先との円滑な意思疎通、投資先への事業支援により、企業価値向上に尽力している。

 

KYCコンサルティング株式会社

住所 東京都千代田区大手町1-6-1 SPACES大手町ビル1階
代表取締役 飛内 尚正

URL http://www.kycc.co.jp/

事業内容: 企業向けリスクデータベースの提供、KYC/AMLに関するコンサルティング

高度なシステム化により収集され、国内情報に精通した経験豊富なスタッフにより厳選されたリスク情報を、低廉な価格で提供するKYCに特化したリスクマネジメント企業。 KYCに付随するコンサルティングや実務対応もワンストップで提供している。 金融機関のみならず、一般の事業会社におけるコンプライアンス上のKYCのほか、IPO対応やデューデリジェンスも行っている。

 

※本プレスリリースに掲載されている内容、仕様、サービス、お問い合わせ先、その他の情報等は発表時点の情報となります。その後予告なく変更となる場合がございますので、ご了承ください。

【お問い合わせ先】
KYCコンサルティング株式会社

Mail:info@kycc.co.jp

 

株式会社Liquid様と共同セミナーを開催します(無料セミナー)

12月18日(水)、eKYCソリューションを提供する株式会社Liquid様(https://liquidinc.asia/)と共同で「eKYCを比較してみた!セミナー」を開催いたします。参加費は無料です。

株式会社Liquid様は「LIQUID eKYC(ホ方式)」として、

2019年07月01日  住信SBIネット銀行の銀行口座開設
2019年08月17日  トレイダーズ証券のFX口座開設
2019年09月30日  山口銀行・もみじ銀行・北九州銀行の認証アプリ登録
2019年10月03日  LINE証券の証券口座開設
2019年10月10日  ゴールドリッジの高級腕時計のC-to-Cレンタル
2019年10月16日  IG証券のFX口座開設
2019年10月23日  Belongの中古スマホ買取
2019年10月23日  クレディセゾンのクレジットカード発行
2019年10月31日  新生フィナンシャルのカードローン「レイクALSA」申込

などすでに多くの企業に導入を果たしました。

本セミナーでは、eKYC導入をご検討されている事業者様を対象として、各社のeKYC導入事例を比較検証しeKYCプロジェクトを円滑に進めるためのヒントををお伝えします。

当社からは反社チェック・KYCチェックにご関心がある事業者様を対象として、安価で信頼性の高い金融スペックを満たしたAPIサービスをご紹介します。

実効性とコストの両方を追求したeKYC/AMLを実現するためのサービスやシステムのご紹介とノウハウを提供いたします。

【セミナー詳細】 2019年12月18日(水)

・13:30- 受付開始

・14:00-15:30 株式会社Liquid 最高営業責任者 保科 秀之
  ・eKYCを比較してみた!
  ・eKYC動向
  ・eKYC比較ポイント
  ・eKYC比較表
  ・LIQUID eKYCロードマップ
・オンラインQ&A

・15:30-16:00 KYCコンサルティング株式会社 代表取締役社長 飛内 尚正
  ・反社チェック・KYCチェックのAPIサービスについて
・オンラインQ&A

※上記の内容は予告なく変更する場合がございますので、あらかじめご了承ください。

【参加条件】
・eKYCに興味がある方(当日、ご本人様の名刺を1枚頂戴致します)
 ※同業他社や個人の方のご参加はお断りする場合がございます。

【日時】
・2019年12月18日(水) 14:00-16:00 ※13:30から受付開始

【場所】
・東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル4階 FINOLABイベントスペース

【定員】
・先着60名
※1社複数名参加可能です。複数名参加の場合も1名ずつお申し込みお願いします。
 ※同業他社や個人の方のご参加はお断りする場合がございます。

参加費は無料となっておりますのでぜひご参加ください。
セミナーは以下のリンクからお申し込みください。

https://ekyc191218.peatix.com/

日本経済新聞「法務インサイド」に当社代表のコメントが掲載されました

日本経済新聞「法務インサイド」~日本でも資金洗浄?国際審査に揺れる仮想通貨業界~に当社代表のコメントが掲載されました。

世界各国のマネーロンダリング(資金洗浄、マネロン)対策を調査する国際組織「金融活動作業部会(FATF)」の国内金融機関の審査への対応の現状と今後の展望について意見を述べています。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52333130Y9A111C1000000/

KYCコンサルティングとネクスウェイ、本人確認業務における企業向け
リスクデータベース『Risk Analyze』の活用で協業を開始

KYCコンサルティング株式会社

KYCコンサルティング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:飛内尚正、以下KYCC)とTISインテックグループの株式会社ネクスウェイ(本社:東京都港区、代表取締役社長:松森正彦、以下ネクスウェイ)は、金融事業者の本人確認(KYC)やマネーロンダリング対策(AML)におけるリスク確認業務において、KYCCが提供する企業向けリスクデータベース『Risk Analyze』の活用で協業を開始したことを発表します。

 

『Risk Analyze』は、独自の情報収集にて構築したデータベースを基軸に、KYCやAML、公的要人(PEPs)、テロ資金供与対策(CFT)、汚職・腐敗などをチェックすることが可能なリスクデータベースです。

ネクスウェイは現在、仮想通貨交換業や投資型クラウドファンディング*1を中心とした多くの金融事業者に対して、『ネクスウェイ本人確認サービス』を用いた転送不要郵便での本人確認業務を支援しています。今後、さらにKYCやAMLのサポートを拡大していくために、KYCCの『Risk Analyze』をお客様に紹介し、金融事業者にとってより安全かつ迅速なKYCを実現します。

 

*1 投資型クラウドファンディング:クラウドファンディングの類型の1つで、別名金融型ファンディングとも呼ばれる。

寄付型、購入型のクラウドファンディングと比較し法規制のハードルが高い点が特徴。

 

 

■KYC業務提供サービス『Risk Analyze』について

『Risk Analyze』を用いることで、利用者はいままで多くの時間と労力を要したKYC業務をスピーディかつ効率的に行うことができます。API接続、eKYC対応、バッチ処理などの機能を標準装備した徹底的なシステム化を行っているため、金融事業者をはじめとする堅牢かつ安定したシステムをマストとする事業者やKYC業務にコスト削減とリードタイムの短縮の両立を求める各種事業者の要望を実現します。

『Risk Analyze』の提供する情報は、リスクマネジメント業界で20年以上のキャリアを持つスタッフにより厳選されたアクティブなリスクパーソンやカンパニーを重視し、健全な経済活動を求める事業者のリスクアセスメントに必要かつ十分な質と量を有します。

 

■『ネクスウェイ本人確認サービス』ラインナップについて

<本人確認・発送追跡サービス>

『本人確認・発送追跡サービス』は、犯罪収益移転防止法*2で定められた本人確認における転送不要郵便APIサービスです。現在、50社を越える犯罪収益移転防止法特定事業者からの採用実績があり、投資型クラウドファンディング事業者や証券会社、仮想通貨交換業、資金移動業といった事業者の実績があります。

 

『本人確認・発送追跡サービス』の詳細はこちら:https://www.nexway.co.jp/service/onbin_service01/index.html

 

<オンライン本人確認サービス(マイナンバーカード認証)>

『オンライン本人確認サービス』は、犯罪収益移転防止法に準拠した公的個人認証を用いたオンライン本人確認サービスです。転送不要郵便を送ることなくマイナンバーカードをAndroid端末にかざすことで、総務省J-LIS(地方公共団体情報システム機構)にアクセスし執行確認を行うことで、オンライン上にて本人確認を完結することが可能です。ネクスウェイが提供するライブラリを取り込むことで手軽に構築が可能です。

 

*2 犯罪収益移転防止法:金融機関等の取引時確認、取引記録等の保存など、資金洗浄及びテロ資金供与対策のための規制を定める法律

 

 

 

■株式会社ネクスウェイについてhttps://www.nexway.co.jp

「FOR MOVIN’ 想いを情報でつなぎ、躍動する社会をつくる」を理念に掲げるネクスウェイは、お客様の想いに向き合い、その想いを情報という形に仕立て、世界に伝わり、つながり合うきっかけをつくります。 その手段は多岐にわたり、30年の歴史を誇るFAX一斉送信サービスをはじめ、薬剤師を支援する日本薬剤師協会との共同メディアや、FinTech事業者の取引開始をスムーズにするKYC業務支援サービス等、お客様のニーズや時代の流れに合わせたラインナップが強みです。

 

■TISインテックグループについて
TISインテックグループはグループ会社約60社、2万人が一体となって、それぞれの強みを活かし、日本国内

および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客さまのビジネスを支えるITサービスをご提供します。

 

 

■KYCコンサルティング株式会社についてhttps://www.kycc.co.jp/

KYCやAMLの厳格さがより求められる社会環境となった昨今、顧客の側に立ったサービスを提供するためには、情報の質や精度はもちろんのこと、容易にかつ安価にKYCが行えることが社会には必要と考えており、徹底したコスト削減と高度なシステム化により、KYC業務が社会インフラになることを目指しています。

 

  • 本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先

KYCコンサルティング株式会社 事業部

電話:03-6841-1418(代表)

お問い合わせフォーム

東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル1階

  • サービス等に関するお問い合わせ

同上

 

当社代表取締役が一般社団法人ブロックチェーン推進協会(BCCC)
リスク管理部会部会長に就任しました

KYCコンサルティング株式会社

一般社団法人ブロックチェーン推進協会のリスク管理部会はブロックチェーンに関わるリスク管理を主テーマに、現在までに発生している様々なリスクや今後想定されるリスクについて業界を超え研究、知見の蓄積と共有、そして提言を行う機関で、2017年に発足しました。現在までに様々なテーマで20回以上の部会開催を行い、協会の中でも最も活動的な部会です。
当社は代表取締役の飛内が部会長に就任したことで今後もリスク管理の分野でブロックチェーン業界のさらなる発展にさらに貢献します。

「一般社団法人ブロックチェーン推進協会(BCCC)」とは

ブロックチェーン技術はフィンテック(金融 IT 革命)の中核技術として注目を集めるだけでなく、業界を問わず情報システムの進化に大きな貢献をもたらそうとしています。そこで、本会は、ブロックチェーン技術の未来を確信する国内有志メンバーが、相互に情報交換、切磋琢磨しながら、ブロックチェーンの普及啓発を行い、ブロックチェーンの適用領域を拡大し、ブロッ クチェーン技術の進化にも寄与することを目的とします。さらに、世界のブロックチェーン団体とも連携しその情報を国内で配信するほか、本会で培われた技術と経験は、ブロックチェーン先進国として日本から世界へと向けて発信します。 加盟企業数は 2018年12月に 250 社を突破し、様々な業界・分野に特化したワーキンググループとして 9つの部会も運営する など、最近では金融機関やFinTech関連業界にとどまらず、ブロックチェーン技術を活用する企業の加盟も進み幅広い領域での普及啓発活動を展開しています。

「BCCCリスク管理部会とは」

リスク管理部会では定期的な情報交換会等を開催することで、ブロックチェーン・仮想通貨業界における信用リスク情報や対策に関する知見を共有し、リスク管理の徹底を目指します。
また、BCCC事務局とリスク管理部会は今後協力していくことで、新規加盟申請企業に対する入会審査を強化し、日本最大のブロックチェーン業界団体として業界全体の健全育成に貢献します。
本部会のミッションは以下の3点が共有されています。

ブロックチェーンに関わる、
・不健全勢力等に関するリスク対策の共有
・リスク管理のノウハウ提供、意見交換等を通じた知見の蓄積
・協会の健全性の担保の支援
加えて本年度は、対外的に情報発信を行える積極的な部会運営を行います。

株式会社Liquid様と共同セミナーを開催します

KYCコンサルティング株式会社

来る9月19日(木)、eKYCソリューションを提供する株式会社Liquid様(https://liquidinc.asia/)と共同で「eKYCプロジェクトの必須知識~プロジェクトの手戻りを減らすノウハウ公開~(無料セミナー)」を開催いたします。

本セミナーでは、eKYC導入をご検討されている事業者様を対象として、eKYCプロジェクトをスムーズに進めるための(手戻りを減らすための)ノウハウをお伝えします。

当社からは忍び寄る反社会的勢力の現状を踏まえ、有効なeKYC/AMLを実現するためのサービスやシステムのご紹介とノウハウを提供いたします。

参加費は無料となっておりますのでぜひご参加ください。
セミナー詳細は以下のリンクでご覧いただけます。

https://ekyc190919.peatix.com/

Angel Bridgeと資本業務提携を締結

~さらなるサービス品質の向上と事業展開のスピードアップ化へ~

KYCコンサルティング株式会社

次世代型 eKYCを実現する強力なパートナーシップ

KYCコンサルティング株式会社(東京都千代田区、代表取締役:飛内尚正、以下「当社」)は、日本最大規模のエンジェル投資家グループを擁し、多様な投資経験を有するAngel Bridge株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:河西佑太郎、以下「Angel Bridge」)と資本業務提携契約を締結したことをお知らせいたします。

豊富な資金力と投資経験のノウハウの提供による事業展開のパートナーシップが実現

Angel Bridgeは豊富な資金力と投資経験の豊かなアドバイザリースタッフにより構成された日本最大規模のエンジェル投資家グループを有しています。
そのメンバーは主に投資銀行出身者で構成され、同社の有する多くのエンジェル投資家の豊富な資金力と、様々な企業への投資経験を有する同社のノウハウを得て、当社はさらなるサービス品質の向上と事業展開のスピードアップを目指します。
また、彼らの持つ高度な財務戦略支援を得て、当社のサービスはより時流に適ったものへ成長することが期待されます。

今回の資本業務提携の締結を機に、当社は日々刻々と変化するFintech分野、年々ハードルが上がるIPO支援分野、新しいサービスの勃興やまない各種金融サービス事業者など、各フィールドの多彩なニーズに柔軟かつ迅速に対応することが可能になり、当社はさらなる事業展開の拡大に邁進します。

【お問い合わせ先】
KYCコンサルティング株式会社 事業部
TEL:03-6841-1418 email:info@kycc.co.jp

KYCコンサルティング株式会社

住所 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル1階
URL https://www.kycc.co.jp

当社は、高度なシステム化により収集され、国内情報に精通した経験豊富なスタッフにより厳選されたリスク情報を、低廉な価格で提供するKYCに特化したリスクマネジメント企業です。KYCに付随するコンサルティングや実務対応もワンストップで提供しています。金融機関のみならず、一般の事業会社におけるコンプライアンス上のKYCのほか、IPO対応やデューデリジェンス対応も行っております。

Angel Bridge株式会社

住所 東京都千代田区紀尾井町3-32 紀尾井町ヒルズ西館1階
URL https://www.angelbridge.jp/

良質かつ資金力の豊富なエンジェル投資家を数多く擁し、資金ニーズのある企業様に対して、Angel Bridgeが全ての窓口となり、投資の意思決定、投資ビークルの組成、事務手続き、投資後の企業様とのコミュニケーション、高度な財務戦略の支援を包括的に行います。Angel Bridge経営陣も、投資金額の相当額を自ら拠出し、責任を持って案件にコミットして参ります。エンジェル投資家としては、通常のファンドと異なり、自らが支援したい企業様に選択的に投資ができるというメリットがあります。

※本プレスリリースに掲載されている内容、仕様、サービス、お問い合わせ先、その他の情報等は発表時点の情報となります。その後予告なく変更となる場合がございますので、ご了承ください。